介護職員実務者研修の受講資格をご紹介【簡単、通信講座など】

介護職員実務者研修って簡単な内容なのかしら?

現在の日本では、高齢化社会が急速に進行中です。

 

今後ますます高齢化社会が進行することもあり、
介護や福祉に対するニーズは高くなっていて、
それに携わるスタッフは、より専門的で
高度な技術を持っていることが求められています。

 

このような背景もある中、
介護職員の質を高め、明確なキャリアアップを図ることを目的として、
介護の資格も変わってきています。

 

すでに介護職として働いている人も、
この介護福祉士実務者研修によってキャリアアップが望めるため、
目指している人も多いのではないでしょうか。

 

中にはこんな方もいらっしゃいます。

独身の頃に先々では介護士になりたいなぁと夢を抱いていたんですが、お腹に赤ちゃんが出来たので
結婚して育児をする事になり夢から遠のいた平凡な生活をしていたんですが、春から子供も保育園に
入所する事が決まったので私ももう1度諦めかけた夢に向かって走り出そうかと考えている今日この頃です。

 

でも、介護福祉士になるには確か旧のヘルパー2級の資格を取得してから病院での勤務実績がないと
国家試験を受ける事が出来なかったはず・・・
最近になって制度の変更もあったので余計にどうすれば良いのか分からなくなってしまいました。

 

昔みたいに通信教育とかでも資格を取得する事が出来るんでしょうかね?
介護職員実務者研修とか名称までややこしくなっているし内容は簡単なのかしら?
研修を受ける費用はどのくらいかかるのかしら?

 

身近には昔のヘルパー2級の資格を取得した友人しかいないので貴重なアドバイスを聞ける人もいないんですよね。
自分で調べれば良いのかも知れませんが、実際のところややこしくて分かりにくい説明が多いし・・・
出来るだけ簡単な内容で費用がかからないところを選びたいんですが調べるまでに時間がかかりそうです。

 

勉強を受ける所によっても介護職員実務者研修って簡単な内容であったりするのかしら?
春から夢に向けて頑張ろうとは思っているんですが、通信教育でも資格を取得出来るのなら今のうちから
勉強出来るしなぁ・・・
制度が変わる前に取得しておけば良かったんですが今更何を言っても仕方がないですね・・・

介護職員実務者研修について調べてみました。
平成27年度、平成28年1月に予定されている試験からは、
介護福祉士の受験資格が大きく変わります。

 

介護福祉士実務者研修の資格を取得することにより、
明確なキャリアアップを図ることができますから、
介護に携わる仕事をしていきたいと考えるのであれば、
ぜひとも取得しておきたい資格です。

 

今まで、介護福祉士を受験する際は、
3年以上の実務経験があればよかったのですが、
これからは、3年以上の実務経験に加え、
6ヶ月以上450時間の介護福祉士実務者研修を受講することが必須となっています。

 

ただし、ホームヘルパー2級の資格を持っている人は、
介護福祉士実務者研修の450時間のうちの130時間が免除になります。

 

介護福祉士実務者研修の学習内容は、
介護の基本、痰吸引などの技術も含めた医療的ケア、介護過程などです。

 

通信教育と通学による実務を並行して学んでいくことにより、
介護への理解度をさらに深めることができ、
介護職員としてスキルアップすることができます。

介護職員実務者研修の受講資格について調べてみようかな?

私は幼い頃から両親が共働きの為、祖父祖母に育ててもらった事もありお年寄りの方が好きなので
将来的には福祉関係の仕事に就きたいと考えています。
最初から専門学校を卒業して資格を取得すれば良かったんですが、高校を卒業後すぐに結婚してしまったので
何の知識もなく常識も知らず長い平凡な育児生活に入っていました。

 

育児も少し落ち着き上の子供が春から保育園に入所するので、空いた時間を利用して介護職員実務者の資格を
取得しようと思っているんですが、昔と違い制度が変わったみたいなので取りあえず受講資格について
ボチボチ調べてみようかなと考えています。

 

周りの友人達に福祉関係の仕事に就いている子がいないので何もかも自分で調べなくてはいけないし
少し面倒なんですが夢に向かって走り出すには受講資格について知っておかなければ何も始まらない!

 

ヘルパー2級だった昔の制度では大学や専門学校を出ていなくても受講資格をあったと思うんだけど
今の制度ではどうなっているのかも凄く不安で気になるんですよね。
高校卒業でも大丈夫なんじゃないみたいな事はチラッと聞いた事もあるようなないような・・・

 

介護職員実務者研修と呼び名もややこしくなっているので、勉強や受講資格もちょっと難しくなっているのかも
知れないと思うと気が引けてしまう部分も実際のとこあります。
いづれにせよ夢を叶えたいと思っているので通信講座で受講資格を得られるのであれば
何とか挑戦できると良いんですがね!!

こんな風に考えている方のために「介護福祉士の受験資格の条件」について調べてみました。

 

介護福祉士の受験資格の条件は、平成27年度から変更になります。

 

今までは、実務経験が3年以上あると受験資格が得られました。
しかし、今後は、3年以上の実務経験に加え、
介護福祉士実務者研修を受講することが必要で、
この研修を修了しなくては受験資格が得られません。

 

しかし、介護福祉士の資格を取得することで、
明確なキャリアアップを望むことができます。

 

介護の仕事をして行きたいと考えるのであれば、
ぜひ取得したい資格です。

 

介護福祉士実務者研修を受講することのメリット

 

@ 介護福祉士実務者研修を受講することによって、
国家試験における実技試験が免除されます。

 

A サービス提供責任者になることができる。

 

平成24年に、介護保険が改正され、
サービス提供責任者の仕事をホームヘルパー2級の資格で行う場合は、
減額されることになりました。

 

サービス提供責任者の仕事をするためには、
介護職員基礎研修や介護福祉士の資格の取得が必要ですが、
介護福祉士実務者研修の修了者でも
各都道府県に登録し、サービス提供責任者になることができます。

 

サービス提供責任者は、仕事内容は責任も重く大変ですが、
とても重要なポジションであり、仕事にやりがいを持つこともできます。

 

B 医療的ケアを行うことができる

 

介護福祉士実務者研修では、
医療ケアについても50時間の学科授業を受けます。

 

そしてシュミレーターを使用して方法を学ぶ演習も12時間行われるなど、
痰吸引や経管栄養の処置など、医療的ケアについてもしっかり学ぶことができます。

 

介護職という立場で、医療的ケアを行うのには
不安があるという人もいますが、
すべての授業をしっかりと受けて修了することで、
より高いニーズにこたえることができる介護職員になることができるはずです。

 

すべての講座が修了したら、都道府県に登録を済ませ、
介護福祉士実務者研修の修了認定書を得ましょう。

 

C 介護福祉士試験合格へ近づく

 

介護福祉士実務者研修を受講することによって、
福祉や介護に関する高度な知識を学ぶことができ、
介護福祉士試験合格へと近付くことができるはずです。

 

そして、介護福祉士実務者研修では、
専門的な知識を、時間をしっかりかけて学び理解し、
実践できるように訓練していきますから、
介護福祉士国家試験の合格率も高まるはずです。

 

介護福祉士実務者研修は、演習のための通学が必要です。

 

D 介護福祉士になるなら今がチャンス

 

介護福祉士になるなら、介護へのニーズが高い今がチャンスです。

 

今後はますます介護のニーズは高まります。

 

専門的な技術を持ち、介護の専門家として働くこことができる介護福祉士の資格は、
できることなら早めに取得し、
介護の実際の現場で役立てていきたいものです。

 

高齢化社会が急速に進んでいる昨今、
介護職へのニーズは高いです。

 

そして、介護の対象となる方々も、
それぞれ必要とする介護が異なります。

 

専門的な知識を持った介護福祉士が寄り添うことで、
日本の介護の現状もより良くなっていきそうです。

介護職員実務者研修の通信講座があればいいのにな

末っ子も4月から幼稚園に入所する事になり、いよいよ私も本格的に自分の時間をもてる余裕が出来るので
何か資格を取得して将来に役立てたいと考えているんですが通信講座で私でも簡単に取れる資格って
一体、何があるんでしょうかね?

 

世の中は高齢社会になってるし福祉関係の資格を取得できれば1番役立つと思うんですが
人気がある資格って医療事務だったり介護職員だったり色々あるみたいなんですよね。
親に相談したところ介護職員実務者研修を受ければ良いとアドバイスされたんですが
どうすれば良いのか方法が分からないので時だけが過ぎている感じです。

 

私は高校しか卒業していないので介護の資格は何も持っていないし、はっきりいってしまえば介護職について
何の知識もないし受講資格があるのかさえも分からない状況なんですが大丈夫なのかしら?
専門学校や福祉系の大学に進学していれば資格を取得出来ると聞いた事はあるんですがね・・・

 

子供が幼稚園に行っている午前中の空き時間を利用出来る便利な通信講座があればいいのになぁ。
正直、働きながら資格を取得するなんて現段階では難しいので数年先まで待たなければいけないし・・・
年齢を重ねると勉強してもなかなか頭に入らない気がするので、直ぐにでも行動に移したいとは
思っているんですけどね。

 

ニチイ学館とかユーキャンとか無料で資料請求とか結構目にする事があるんですけど
これって通信講座で介護職員実務者研修が受けれるって事なのかなとも思うし・・・
何はともあれ、色々とネットで情報収集をしてから考えていこうと思います。

そんな悩みをお持ちの方のために、
介護福祉士実務者研修を受けることができる講座は色々ありますが、
キャリアカレッジで介護福祉士実務者研修を受けるとどのようなメリットがあるかを調べてみました。

 

@ 講師陣が充実

 

キャリアカレッジは、豊富な経験のあるプロの専門家が講師を勤めています。
そして、それぞれの講師が、それぞれの得意分野を講義していますから、
福祉や医療の現場での、より高い知識を身につけることができます。

 

また、初めて福祉の分野で働こうと考えている人でも、
丁寧、そして熱心な指導が受けられると評判です。

 

確実にスキルを身につけることができるという点で、
キャリアカレッジを選ぶことに大きなメリットがあるのではないでしょうか。

 

A スキルアップスクーリング

 

キャリアカレッジの介護福祉士実務者研修を受講中、
必要がある人は3回までスキルアップスクーリングを受けることができます。

 

自宅での学習は、どうしても不明な点が出てきてしまいます。
質問を用紙に書いて聞こうと思っても、
文章にうまく書くことができず、思うような回答が得られないこともあります。

 

しかし、スクーリングに出席し、
直接講師からアドバイスを受けたり、
仲間同士で情報交換をすることにより、
スキルを高めていくことができます。

 

 

 

B 無料のサポート

 

キャリアカレッジでは、介護福祉士の試験に合格するまでの間、
電話、メール、FAXなどによって、
無料のサポートを受ける事ができます。

 

また、スクーリングの際も、授業終了後や、
休憩時間等に質問することもできます。

 

さらに、介護福祉士実務者研修を修了した後のサポートも充実していて、
12月から翌年1月の介護福祉士対策講座を無料で受講することも可能です。

 

このように、無料のサポートも充実しており、
講師陣も充実していることから、安心して学習に取り組むことができます。

 

勉強を始めたいけれど、一人だと挫折してしまいそう・・・という人にも、
キャリアカレッジはおススメです。

 

キャリアカレッジの介護福祉士実務者研修のコースの期間と費用

 

キャリアカレッジの介護福祉士実務者研修のコースは、
昼間の通学コース(定員30名)、
通信コース(6ヶ月/定員30名)の二つがあります。

 

キャンペーン中に受講することで、
たとえば通信コースの料金は229000円が150000円となるなど大変お得です。

 

介護福祉士実務者研修の通信教育の流れ

通信学習は、テキストを使用して家庭で行う学習と、
実際に学校へ行って実技を学ぶスクーリングがあります。
経管栄養や痰吸引の医療的ケアについてもしっかり学ぶことができます。

 

では、キャリアカレッジの介護福祉実務者研修を申し込みした場合、
どのように学習を進めていくことになるのでしょうか。

 

@ 入学

 

講座のスタートです。

 

自宅にテキストとレポートが届きます。

 

学習計画を立てて、学習をスタートしましょう。

 

A レポートの提出

 

テキストを使用し、自分で学習をし、レポートを提出します。

 

B 添削

 

レポートを提出すると、添削されたレポートが返送されてきます。

 

講師が丁寧に添削をしてくれます。

 

C スクーリングと演習

 

学校に行き、スクーリングと演習の講座を受講します。

 

スクーリングの内容

 

スクーリングの内容は、介護過程の展開の仕方や実際の介護方法、
グループワークやロールプレイングによる演習、
痰の吸引と経管栄養についての医療的ケアの演習などです。

 

D 修了

 

すべての講義が終了すると、修了となり、介護福祉士の国家試験への道が開かれます。

 

 

キャリアカレッジにも、この他にも自由参加のスキルアップスクーリングが用意されていますし、
自宅での学習だけではなかなか理解できない科目などをサポートしてもらえます。

 

キャリアカレッジでは、40名もの経験豊富な講師が指導に当たってくれるので、
とても心強いですよ。